Himachal View theme

2月 15 2016

“厚みを抑えて光学3倍ズームを実現したカメラ “

Published by under 未分類

ZenFone Zoomの最大の特色である光学3倍ズームに対応するアウトカメラは、HOYA製のレンズユニットとパナソニック製センサーの組み合わせで実現しています。「不完全を許容しない」(ASUSシー会長)日本の技術力が生み出したレンズユニットは8枚のレンズと2枚のプリズムを組み合わせた10層構造となっていて、光学式手ブレ補正にも対応しています。このレンズユニットによって、ZenFon Zoomは本体の厚みを最厚部でも11.95ミリに抑えることができました。一眼レフカメラでも使われる超小型のデュアルステッピングモーターを使うことで、ズーム操作もスムーズになっているのです。レンズユニットは光学式手ブレ補正対応の3倍ズーム対応品としては世界最小です。また、カメラとしての使い勝手を向上するために、本体側面にはズームキー(ボリュームキーと兼用)、シャッターキー、録画キーを備えているのも特徴となっています。また、レーザーオートフォーカス、デュアルLED・デュアルトーンライトなどを備えていて、究極の写真体験を味わえるということですからこの機能には期待大です。本体左側面にはシャッターキー、録画キー、ズームキーを備える。シャッターキーは半押しすることでピント合わせができます。

No responses yet

2月 08 2016

LINEを利用するクロネコヤマトの戦略

Published by under 未分類

今回のLINEとのサービスでは、従来から提供しているクロネコメンバーズの仕組みを利用しています。ですので荷物を宅配するドライバー側の負担は変わらないということです。ヤマト運輸の代表取締役社長長尾氏は「LINE経由での利用が拡大することで、不在配達率が減少して、結果的にドライバーの負担軽減に繋がるだろうと考えている」としています。 また、公式アカウントの提供開始にあわせて、ヤマト運輸を「友だち」登録したユーザーにオリジナルスタンプがプレゼントされます。ヤマト運輸では今後、LINEを利用した新たなサービスを提供していく方針です。提供内容については検討中ですが、LINEのメッセージ機能を利用して伝票の内容を入力し、専用の店頭端末にかざすことで伝票が印刷されるサービスや、LINEで友だち登録をしている相手に、住所を知らなくても荷物を送れるサービスなどを検討しているということです。新サービスの第一弾は、2016年の夏頃に提供を開始する見込みとなっています。提供を検討しているサービスの中のひとつの「住所を知らなくても送れるサービス」は、LINEの「友だち」に対して、発送前にメッセージを送って相手に住所を入力してもらうことで、匿名で送れるものになるということです。

No responses yet

2月 07 2016

“スマホゲームの実態に、ツイッターでは “

Published by under 未分類

「コレ、何か割と冗談じゃないレベルな気がする・・・有名タイトルな上に食いつく要素なければ数ヶ月でサービス終了とか・・・」「スマホゲー、興味はあれど濫造がすごくて何が何やら…この半年で200以上サービス終了してるみたいですし、わけがわからないw」「遊ぶ人の数に対して、タイトル数が多くなりすぎてる印象・・。何かしら目立つ要素があるアプリじゃないと、もう開始するのもめんどくさい」「ギャルゲーと全く同じ濫発→衰退ストーリー歩んでるんですけど、大丈夫なんですかね?」といった厳しい意見も多く寄せられているのです。新規コンテンツが多すぎる現在のスマホゲーム業界に対して、漠然と危機感を抱くゲームファンも少なくないようです。もっとも開発側にも問題があって、脆弱な開発環境の中でもアプリリリースはアフターが充実していない、バグが回収できないなどの問題もあり、それがある日突然リリース終了の要因ともなっているのです。アプリ業界も弱肉強食ですから実力の有無でどんどん淘汰されていくのでしょう。テレビゲーム業界がそのような経緯を経て現在の状況になっているのでそれがスマホ業界に移ってきたのも必然といえるかもしれません。
docomo 新機種

No responses yet

2月 03 2016

ソフトバンクでスマホと電気料金のプランが

Published by under 未分類

今では、携帯会社で電気が購入ができるようになっています。
これから、携帯会社で電気を購入しようと考えている人もいるのではないでしょうか?
ソフトバンクでは、いよいよ携帯と電気セット割りプランを発表しました。
セット割りを利用すると、最大で300円の割引が利用できるようになります。
電気代を少しでも節約をしたいと考えると、ソフトバンクへ変えるのもいいかもしれません。
毎月のように、このセット割りが利用できれば、年間にすれば数千円お得に使用ができるようになります。
それを考えると、携帯会社へ電気利用を考えた方が断然お得だと思います。
また、auでも電気購入ができるとなるので、こういった部分でも競争が始まりそうです。
しかし、きっと今持っている携帯会社を利用するのでしょうね。
28日から、申し込みが開始をするそうなので、携帯会社では電気に関しての売り込みに力が入りそうです。
やはり、詳細はきちんと聞いてみたいなと思います。
毎月電気代も結構かかってしまうので、やはり少しでもお得に使用ができればいいのかなと考えてしまいます。
携帯会社で電気利用をしたい人がどのぐらい出てくるのかすごく気になってしまいます。

No responses yet

1月 25 2016

ファントム・バイブレーション・シンドローム

Published by under 未分類

なんだか怖~い症候群名ですが、みなさんはご存じでしたか?このようなもの。。私、あるんです!しかも今も。何かというと、携帯電話に着信も何も無いのにバイブが鳴ったような感じになること。これがファントム・バイブレーション・シンドローム・・幻想振動症候群と言うんだそうです。スマホで音楽を聴いていてもスマホが振動しますが、そういうことじゃなくて、何もしていない状態でスマホが震えたような気がすることなんですね。これは、カラダがスマホのバイブレーションを学習したことで、ほんの少しの振動でもそれをバイブレーションとカラダが反応してしまう、という錯覚なんだそうです。私の場合には、仕事の最中にポケットにスマホを入れている時期があり、その時からポケットにスマホを入れていなくてもバイブレーションを感じてしまうように・・。もう何年も前のことなのに、未だにたまにあるんですよね。ということは、ズボンのポケットやズボンのポケットにスマホを入れている人は、ずっとこのファントム・バイブレーション・シンドロームを引きずっているんでしょうね~。。ある研究者の実験では、約9割の人がこのシンドロームを経験していたことがわかったそうです。

No responses yet

1月 23 2016

スマホで寝不足、子供の肥満リスク増や成績悪化につながるかも。。。

Published by under 未分類

携帯電話というものがなかった時代には考えられませんが、現在は中学生や高校生の多くがスマホを持っていて、小さい子では小学生から持っています。
親としてはいつでも連絡が取れるという安心感があったり、子供としては友達とのやりとりやゲームをする目的として広まっています。
ただスマートフォンなどのモニタを寝る直前まで触っていると、脳に刺激を与えて眠りが浅くなるそうです。
またかなり小さな子供でも最近睡眠時間が十分に取れていない場合があるそうで、そういった幼児期の子供は、将来肥満リスクが高まったり、認知能力や理解力などの遅れを招く場合もあります。
そのまま小学校に上がっても眠ることができないと成績が悪化することもあるそうです。
睡眠は大切ということがわかっていても、共働きでどうしても遅くなってしまう、などというやむを得ない事情もあることはわかります。
しかし、大人もそうですが特に子供にとっての睡眠は日中を快適に過ごし、睡眠時の成長を促すという大切な役割があることを親自身が認識し、どうにか子供のために工夫をできないか検討してみてくださいね。
もちろんん大人も睡眠は大切です。
日中の仕事の作業効率もそうですし、女性にとっては大切なお肌の状態を良好に保つためにも大切です。
忙しい毎日の中ではないがしろにしがちですが、ぜひ気を配ってみてください。http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-charge.html

No responses yet

1月 21 2016

銀塩カメラ→デジタルカメラ→スマホカメラへの移行

Published by under 未分類

「一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)」によれば、銀塩カメラの出荷台数は、
1959年 約175万台
1995年 約3000万台
1996年 約3100万台
1997年 約3700万台
と推移し、1997年にピークを迎えました。その後は急速に出荷台数が減少していって、2008年1月の国内出荷台数はわずかに1463台となったのです。そして「集計上の規定を満たさなかった」として2008年2月以降のデータは取られていません。
一方、デジタルカメラの出荷台数は
1999年 約500万台
2010年 約1億2100万台
2011年 約1億1500万台
2012年 約9800万台
2013年 約6300万台
2014年 約4300万台
と推移し、2010年にピークを迎えました。その後はやはり急速に出荷台数が減少しているのです。
主たるカメラメーカーには、キャノン、ニコン、ソニー、富士フィルム、パナソニック、オリンパス、カシオ、リコーなどが挙げられます。これら企業は、フィルムカメラの衰退とともにフィルムカメラ事業を縮小して、代わりにデジタルカメラ事業、事務機器、医療機器、半導体部品など各分野に進出しているのです。
また、デジタルカメラの国内販売ではキャノン、ニコン、ソニーの3社で80%以上の市場シェアを獲得しています。
1999年にデジタルカメラが登場したのをきっかけに銀塩カメラ(=フィルムカメラ)市場が衰退し、2010年からはデジタルカメラ市場が急速に衰退しています。この背景には、スマートフォンに内蔵された高機能カメラの登場が大きく関係しているのは間違いありません。

No responses yet

1月 19 2016

スマホ 充電 100%になってもACアダプターをつけている

Published by under 未分類

スマホ充電にはなにやらちょっとしたテクニックが必要なようです。スマートフォンは、
何%までバッテリーが減ったら何%になるまで充電するのがよいのだろう・・・?と言うことも気にして使用しなければならないもののようです。
みなさんはそのようなことまでしっかり考えているでしょうか。 
アンケート調査の結果では充電をはじめるのは0~25%くらいになったらすると答えた人が37%で一番多かったようですよ。そして、みなさんスマートフォン充電は100%になるまですると言う人たちが多数を占めています。
更に100%になってもACアダプターをつけたままというケースが非常に目立つようです。100%になってもACアダプターをつけたままと言うのが、スマホバッテリーを消耗させる要因のようなので、注意していただきたいと警告しています。
前述したことよりも、大事なポイントは、100%になってもACアダプターをつけていることです。そして、 バッテリー残量が90%のときには100%まで充電するようなことは、避けた方がよいとのことです。

No responses yet

1月 17 2016

ガラケーよりも高い売上が見込める「ガラホ」

Published by under 未分類

2015年度、ソフトバンクから発表された3モデルのガラケーは、すべてAndroidベースのガラホです。ガラケーのように利用できるほか、パソコンサイトの閲覧できるブラウザや、「LINE」も利用できるのです。しかし、ガラホにはガラケーには無い特徴が存在します。それはSNSもブラウザも、データ通信量が多くなるということです。今まで通話やメールをメインで利用していたユーザーであっても、確実にデータ通信量が増えるので売上増が見込めるからです。また、「ガラホ」に慣れてもらうことで、「スマホ」に移行するユーザー増も視野にいれているということでしょう。2015年に発表された3モデルの「ガラホ」は、売上の向上が見込めるようです。ソフトバンクが発表した「ガラホ」は、ソフトバンクらしい、さまざまな戦略が練られているのでしょう。スマホ需要が頭打ちになってきている現状で、ガラケーユーザーの囲い込みが急務になってきているのは間違いありません。これはどのキャリアでもそうでしょう。このあたりのユーザーがスマホに移るのは期待薄ということならガラケーあるいはガラホで囲い込みをしていかなくてはいけないということになるのです。
最強スマホ比較 4番勝負

No responses yet

1月 15 2016

スマホ充電中のヤケド被害 5年で268件 発熱状態を調査

Published by under 未分類

スマートフォンの充電中の発熱状態を、サーモグラフィーを使って調べたところ、接続部分が100℃を超えてショートに近い高温状態であることが判明しました(提供:国民生活センター)スマートフォンの普及が進むにつれて、充電中に部品が焦げたり、本体が発熱してヤケドするなどの被害が急増しているのです。これをうけて、国民生活センターは昨年の8月11日に注意を呼びかけています。国民生活センターによると、スマートフォンの充電中の燃焼や発熱に関する相談は年々多くなり、2009年度には2件だったものが、2013年度までの5年間で1032件にも増えているのです。相談内容の内訳をみてみると、「スマホ本体の過熱」に関する相談が全体の6割をしめて、「ヤケドした」「ヤケドしそうになった」などの危険情報は268件におよんでいるのです。国民生活センターは、「購入から1カ月後のスマホを就寝中に充電したところ、翌朝、本体と充電器の接続部分が焼け焦げていた」という報告を受けて、商品テストを行いました。サーモグラフィーを使った調査の結果、充電器との接続部分の温度が100℃を超えて、ショートに近い状態で発熱していることが判明したのです。

No responses yet

Next »

タグ

検索