Himachal View theme

スマホで寝不足、子供の肥満リスク増や成績悪化につながるかも。。。

携帯電話というものがなかった時代には考えられませんが、現在は中学生や高校生の多くがスマホを持っていて、小さい子では小学生から持っています。
親としてはいつでも連絡が取れるという安心感があったり、子供としては友達とのやりとりやゲームをする目的として広まっています。
ただスマートフォンなどのモニタを寝る直前まで触っていると、脳に刺激を与えて眠りが浅くなるそうです。
またかなり小さな子供でも最近睡眠時間が十分に取れていない場合があるそうで、そういった幼児期の子供は、将来肥満リスクが高まったり、認知能力や理解力などの遅れを招く場合もあります。
そのまま小学校に上がっても眠ることができないと成績が悪化することもあるそうです。
睡眠は大切ということがわかっていても、共働きでどうしても遅くなってしまう、などというやむを得ない事情もあることはわかります。
しかし、大人もそうですが特に子供にとっての睡眠は日中を快適に過ごし、睡眠時の成長を促すという大切な役割があることを親自身が認識し、どうにか子供のために工夫をできないか検討してみてくださいね。
もちろんん大人も睡眠は大切です。
日中の仕事の作業効率もそうですし、女性にとっては大切なお肌の状態を良好に保つためにも大切です。
忙しい毎日の中ではないがしろにしがちですが、ぜひ気を配ってみてください。http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-charge.html

1月232016

Published by at 12:00 AM under 未分類

タグ

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

検索