Himachal View theme

Archive for 11月, 2015

11月 28 2015

レンタル業界の黒船スマートフォンで見る「定額動画配信サービス」とは?

Published by under 未分類

皆さんは定額の動画配信サービスを利用したことがありますか?
テレビとは違って、いつでもどこでも、見たい番組を選んで見ることができます。
最近のものですと10月26日から民放テレビ局5社の「TVer(ティーバー)」というものが始まって、無料で見ることができます。
いままで見逃してしまった番組は戻って見ることができるHDDプレーヤーなどがない限り、どう使用もなかったのですが、広告付きではあるものの週に10番組程度各社ごとに配信されるので、見ることができます。
現在他にも「dTV」や「HULU」などの定額動画サービスがあり、有料のオンデマンドサービスは今ひとつの状況のようです。
またまだ大きな伸びしろの可能性がある「Apple TV」も発売されています。
今後テレビなどの動画を中心とする業界は、通常のテレビ放送よりも配信サイービスの方が台頭する可能性が高いと言われています。
結果現在どんな傾向にあるかといえば、若者のテレビ離れ、そしてDVDなどのレンタルショップの収益減隣始めています。
大手のレンタルショップであるTSUTAYAもTSUTAYA TVという定額動画配信サービスを始めており、やはり定額制の傾向になっているようです。
テレビは無料で見るというのが当たり前でしたが、これからは見たい番組をいつでもどこでも見るために多少お金を出してでもスマートフォンやタブレット、パソコンで見る時代になったといえます。
今後テレビ業界がどのような戦略を繰り出してくるのかが注目されます。

No responses yet

11月 20 2015

2015年5月に発売したワンピーススマホのデザインがよかった

Published by under 未分類

Docomoから限定1万台のワンピーススマホです。台数限定品の大人気アニメ、ワンピースとコラボレーションした台数限定品の品です。このような台数限定スマホというのは、持っている人がまず少ないことが、人とかぶらずに、自分だけというプレミアム感を感じて日々使用することができるところにメリットを感じるのでしょう。他のスマホと違ってデザインに凝っているものが多く、所有感を満たすという意味ではこれに勝るものはないのです。ワンピースとコラボしているのは、外装だけではありません。中に入っているアプリは、すべてワンピースのキャラクターと関わりのあるアプリばかりなのです。例えば、写真を撮る時は、ウソップが出てきて、特技であるパチンコを使用したアプリを使うこともできるのです。また、このワンピーススマホができるまでのオリジナルムービーも同梱されているので、テレビでは放送されていないこのスマホを限定でしかみることができないムービーもあるのでとことんプレミアム感を感じてたのしいスマホとなっているのです。そして電話の着信音なのですが、携帯電話らしいものだけでなく、ワンピースの中で出てきた印象に残るワードが30種類以上入っています。中でもお気に入りは、でんでん虫の「プルプルプル・・・」「ガチャッ」という音も使用することもできて、これだけでもとても電話が楽しくなります。テザリング機能・・。ワンピース携帯を購入して始めた時に盛んに利用するのがこの機能でしょう。ワンピーススマホをモデムとして使用し、周辺機器に電波を飛ばしてネット利用が可能となるものです。

No responses yet

11月 18 2015

Tのスマホはアフターが違う トーンモバイルが“垂直統合”型サポート拠点「SiLK Hotlines」を公開

Published by under 未分類

トーンモバイルはこのほど、佐賀県・唐津市にある同社のサポート・物流拠点「SiLK Hotlines」を報道陣に公開しました。関連会社のフリービットスマートワークスが運営する施設で、トーンモバイルのスマホ「TONE」の検品や出荷、SIMの作成と管理、契約時の電話窓口、与信審査、リモートによる店舗支援、オプションのオリジナルケース作成など、その役割は多岐にわたります。 経営や研究・開発など高コストな活動は登場・渋谷の本社で、またマニュアル対応が可能な単純なサポートは低コストな海外で行って、SiLK Hotlinesはその両方を結んで、実際の事業を円滑に進めるのが役割です。トーンモバイルのほか、ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)などグループ内のカスタマーサポートも担当していて、リアルなユーザー接点として、さらに業務を一環して支えるBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)センターとして社内で最重要視されているのです。SiLK Hotlinesが設立されたのは2007年。石田宏樹社長(現フリービット会長)が、渋谷のフリービット本社内にあったサポート拠点を出身地に近い唐津市に移転させたのが始まりです。

No responses yet

11月 14 2015

ZTE、SIMフリースマホ2機種を投入――高機能な「AXON mini」と安価な「Blade V6」

Published by under 未分類

ZTEジャパンが11月11日、SIMロックフリースマートフォン「AXON mini」と「ZTE Blade V6」を日本で発売することを発表しました。AXON miniは12月下旬以降、Blade V6は11月下旬以降(11月12日に予約受付開始)、全国の家電量販店やMVNO各社から随時発売される予定です。実売想定価格はAXON miniが4万円前後、Blade V6が2万6800円です。ZTEはこれまで「ZTE Blade Vec 4G」や、NTTレゾナント向け「gooのスマホ」などを日本に投入してきました。しかし、いずれもミッドレンジ~ローエンドに位置付けられていて、他社のフラッグシップモデルと比べるとスペック面では見劣りしていたのです。それでZTE自体のブランドイメージもそれほど高いものではありませんでした。しかし今回投入するAXON miniは、デザインと機能を、さらにブラッシュアップさせた先進的なモデルとなっていて、他社のハイエンドモデルと十分戦えるポテンシャルを持っているのです。幅70ミリ、厚さ7.9ミリのボディに5.2型のフルHD(1080×1920ピクセル)曲面ディスプレイ(有機EL)を搭載。ZTEは「すべてのアングル、すべてのディテールで最上の美を追求した」とアピールしているだけのことはあります。幅70ミリは、同じく5.2型の「P8 lite」(Huawei製)の72.1ミリと比べても細く、ディスプレイのベゼルが0.85ミリという狭額縁も実現しています。

No responses yet

11月 13 2015

“ドコモ、dポイントが貯まる決済サービス「dケータイ払いプラス」提供開始 “

Published by under 未分類

NTTドコモは、12月1日から新しい決済代行サービス「dケータイ払いプラス」を開始します。現在の「ドコモケータイ払い」が携帯電話料金との合算のみなのに対して、dケータイ払いプラスはクレジットカードやdポイント(現在のドコモポイント)での支払いも選べるようになったのが大きな特徴です。また支払い金額に応じて100円につき1ポイント分のdポイントもたまるというポイント重視派にとってはかなり使いでのある方法といえるでしょう。dアカウント(現docomoID)を登録すれば、ドコモユーザー以外でも利用できるということでドコモユーザー以外にも用途を広げているのも今回の特徴といえます。なおその場合の支払い方法は、クレジットとdポイントのみになるので注意ですが、これは当然ですね。対応するサイト・加盟店は14社からスタートして、順次拡大する予定ということです。dケータイ払いプラスで支払った金額に応じてdポイントが貯まります。また、dケータイ払いプラスに対応したサイトでは、商品等の代金の支払い時に、dポイントを利用することができます。従来の「ドコモ ケータイ払い」と同様、月々の携帯電話料金と一緒に支払いできる(電話料金合算払い)他、支払い方法を拡充して、dポイントやクレジットカード(dカード含む)での支払いも選択できるようになりました。
Galaxy ドコモ製品

No responses yet

11月 12 2015

スマホのUSB充電ケーブルを比較

Published by under 未分類

今となっては、生活の中にUSB充電ケーブルは必要なももになってきています。
スマホの充電をする時には大活躍ですよね!
そんなUSB充電ケーブルなのですが、なんと100円ショップで売られているのは知っていますか?
しかも、色々な種類があり、色の豊富に取り揃えているのです。
なので、どんなUSB充電ケーブルにしようか迷ってしまいそうです。
しかし、USB充電ケーブルも機種によって使用ができないものがあったりするので注意をしなくてはいけませんね。
100円でUSB充電ケーブルが購入できるなんてすごいなと思ってしまいます。
USB充電ケーブルも劣化をすると、充電ができなくなってしまいます。
なので、そんな時な100円ショップですね。
あまり頑丈だとは言えないのですが、電気屋さんなどで購入をすると、USB充電ケーブルは結構価格が高い!
なので、価格を比較をしてみると、やはり100円ショップを選んでしまいそうです。
100円ショップも、ダイソーとセリアとキャンドゥの3社があるのですが、この中で種類が多いのは、ダイソーなんだとか、、、。
色々と種類を見たい場合、ダイソーを選んでみるといいかもしれませんね!

No responses yet

11月 10 2015

ウィジェットが使えるのはAndroidだけ

Published by under 未分類

ウィジェットは、ホーム画面上に情報が直接表示されるタイプのアプリで、天気やスケジュールを確認できます。
さらにはニュースやSNS投稿を読んだりできるのです。
アプリを立ち上げることなく必要な情報を簡単に確認できるのが便利ですね。
このウィジェットはiPhoneにはない機能となっているのです。
「Playストア」ではさまざまなタイプのウィジェットが配信されていて、好みのものをホーム画面に配置できます。
iPhoneでは、Appleが運営する「App Store」からアプリを購入します。一方のAndroid端末のアプリ購入は、Googleが運営する「Google Play」から購入することとなっています。それぞれ専用ストアで配信されているものしか使うことができません。たとえばiPhone用アプリをAndroidスマホで利用するといったことはできないのです。
Androidスマホの場合は、Playストア以外のメーカーや個人のサイトで配信されているアプリなども購入が可能です。自由な市場ですので、非常にバラエティに富んだアプリが多数存在しています。もっともその分、悪質なアプリも発見されているのでインストールには注意が必要なのです。

No responses yet

11月 05 2015

どうです?かけてみます??

Published by under 未分類

auのスマホのコマーシャル、多方面で物議を醸しているようですね。あるネット記事には、よ~く見ると一寸法師も画面に映っていて、それがコマーシャルが進むごとに大きくなってきている!と。パソコンで動画が配信され、そこで見ているんですが、私には・・・見えませんでした^^何かがいる・・と言われればいるんですけど、それが一寸法師かと言われると。でも、auとしてはしめしめでしょうね^^居るにしても居ないにしても、これだけネットで騒がれればauスマホの注目度もアップすえうわけですから。また、別の話題づくりもauでは行っているようです。それは、最近出てきた鬼ちゃん。彼から電話がかかってくるサービスの提供も始まっているそうなんです。今月いっぱいで終わるそうですが、実は「おにから電話」という人気アプリとのコラボなんですって。このアプリ、子供が言うことを聞かない時、親が「そんなに言うことを聞かないと鬼が来るよ!」と言って、鬼やお化けの音声で子供を脅かすというものらしいです^^auの場合は、鬼ちゃん役の菅田将暉さんが、子育てに頑張るお母さんたちに応援メッセージを言ってくれるらしいです。どうです?かけてみます??お母さん^^

No responses yet

11月 03 2015

スマホ おすすめisai vivid LGV32

Published by under 未分類

スマホ おすすめカメラはどれなのでしょうか。カメラ性能もどんどんレベルアップして行きます。isai vivid LGV32もかなりおすすめ出来るスマートフォンです。
isai vivid LGV32は、 F値1.8のレンズを採用し、約1,600万画素のメインカメラを搭載しています。
「一眼レフが嫉妬する」という言葉をコマーシャルなどで良く耳にしたかもしれませんが、それは嘘ではありません。
ここではシャッタースピードのコントロールや、露出補正、ホワイトバランス、ISO感度と言った各種パラメーターを調整でき、言葉通り一眼レフカメラと同様のマニュアル操作を実現してくれています。
今まであったスマートフォンよりも暗い場所においての被写体の検出性能がかなりレベルアップしました。スマートフォンで夜景を出来るだけキレイに撮影したいという人たちは、是非このスマートフォンに注目していただきたいと思います。isai vivid LGV32は光学式手ぶれ補正機能にもしっかり対応してくれています。

No responses yet

11月 02 2015

ドコモ スマホ カケホーダイライトプラン

Published by under 未分類

ドコモ スマホの カケホーダイライトプランとはどのようなプランでしょうか。docomoのスマートフォンで5分以内の国内音声通話ならば回数の制限なくご利用することが出来ます。
もしも通話が5分を超えた場合には、超えてしまったものに対して、30秒ごとに20円の料金が加算されることになります。
ファミリー割引に加入している場合、家族間通話の場合は通話時間が5分を超過した場合も無料でご利用することが出来ます。
月額基本使用料は1,700円です。対象パケットパックは、データMパック(標準) : 5GB 5000円、データLパック(大容量) : 8GB 6700円、 シェアパック15(標準): 15GB 12500円、シェアパック20(大容量) : 20GB 16000円、シェアパック30(大容量): 30GB 22500円、プラスインターネット接続サービスがspモード® 300円です。
ドコモにチェンジ割や光スマホ割®、U25応援特割®、 シニアはじめてスマホ割など各種割引も適用出来ます。

No responses yet

タグ

検索