Himachal View theme

Archive for 12月, 2015

12月 29 2015

ドコモの新機種が気になりますね

Published by under 未分類

“ドコモでも最新スマホが登場をしました。
やはり、新機種が登場をすると、やはりチエックをしたくなります。
今回は、シャープのAQUOS ZETAと富士通のarrows NXが注目されているようです。
このどちらかで購入をするのか迷っている方もいるのではないでしょうか。
この2つを比べてみると、価格は少しですが富士通のarrows NXが安いようですね。
価格は大きく違うので、価格でちょっと判断をするのは難しいかもしれません。
後は違いがあると言えば、画面の大きさです。
このシャープのAQUOS ZETAと富士通のarrows NXは、画面の大きさが見た目からして違いがあります。
富士通のarrows NXは、結構大きめですね。
大きいスマホが良い方は、富士通のarrows NXがいいかもしれませんよ。
最近では、大きな画面は人気がないなんて言われているのですが、使用していると見やすくて良いものだったりします。
arrows NXは、耐久性や防水性にも優れているそうなので、使用をする部分では、arrows NXはすごく良さそうだなと思ってしまいます。
スマホもどのように使用をしていくかによって、求める要素も違いが出てくるので、しっかりと内容も見ておくといいですね。”

No responses yet

12月 28 2015

iPhoneとAndroidの違いとして最も大きな点

Published by under 未分類

“iPhoneとAndroidの違いとして最も大きな点は、スマホを動かすためのシステム「OS(オペレーティング・システム)」の違いが挙げられると思います。iPhoneはiOSで、AndroidはそのままAndroid OSというプログラムを使って動いています。iPhone(iOS)はAppleという会社だけのものですが、AndroidはソニーやSHARP、サムスンといった様々なメーカーが作っているのです。詳しく説明するとやや長くなりますが、iPhoneは一社だけで、Androidは様々な会社が作っていると考えてください。OSの違いがどういう事に影響するかというと、使えるアプリに違いがあったり、操作の仕組み上の違いが出てくることです。最近では殆どのアプリが両者で共通化していて、ID引き継ぎなどで移動することができるようになっていますが、「iPhoneでしかないアプリ」あるいは「Androidでしかないアプリ」がそれぞれに存在しているのです。これによって使い勝手が若干変わってきます。できることの差というのは、現在ではなくなってきているので、どっちを選んでも大丈夫ですが、データの引き継ぎ方法に違いもあるのでここも注意が必要です。また、Androidは種類も多いのですが、国産の多くは防水加工が施されていたり、フルセグ・ワンセグといったTV放送、さらにおサイフケータイが使える機種がありますので、ガラケーから移る時はこちらのほうが便利でしょう。このような細かな機能面での違いもあるので、どういったことを重視しているのかというを把握していけばいいでしょう。日本国内ではiPhoneユーザーがスマホユーザーの過半数を占めているのですが、世界的に見るとAndroidユーザーが全体の8割となっているのです。。
 ”

No responses yet

12月 22 2015

“妥協出来れば、このスマホで問題なし “

Published by under 未分類

格安スマホならどれを選ぶのかということをお話ししましょう。
Covia FLEAZ POP、Covia SIMフリー スマートフォン FLEAZ POP ( Android5.1 / 4inch WVGA / FDD LTE / microSIM / 1GB / 8GB ) CP-L42Aも、安いから選ばれているスマホです。
機能なんてあればいいというものではありません。機能を出来るだけ削ぎ落とせば、これ程安いスマホが実現します。機能はあっても使わない、もてあますだけなのです。意味あるスマートフォンを使用しようではありませんか。
3G回線でも耐えることが出来る、問題なしという人たちにおすすめ出来るスマホです。スペックは…という向きあい方をすれば、このようなスマホは決しておすすめ出来るスマホではありませんが。
もうちょっとレベルをあげてということなら、FLEAZ POPがおすすめでしょうか。LTEにも対応出来る、15000円程度のスマートフォンです。この程度なら050Plusなどの通話アプリも安心して利用出来ます。

No responses yet

12月 12 2015

「5G」で日常生活はどう変わるのか?

Published by under 未分類

NTTドコモは、2020年の商用サービス開始を目標に、次世代通信規格「5G」の技術開発を世界の主要インフラベンダーと進めています。5Gの特徴として、LTEの100倍を超える「高速通信」、LTEの1000倍ものユーザーを収容できる「大容量化」、無線区間の「低遅延化」、多数の端末との「同時接続」、そして「低コスト」「低消費電力」などが挙げられるといったまさに夢の通信サービスといってもいいでしょう。それでは、5Gで私たちの生活はどう変わるのでしょうか? またどんな技術で高速化を図ろうとしているのでしょうか?同社が11月26日~27日に「NTTドコモ R&Dセンター」で開催した「DOCOMO R&D Open House 2015」にて、その一端を見ることができました。ドコモがYouTubeで公開している「Sharing our Future」では、「ちょっとだけ未来の世界」を舞台にして、5Gが普及した世界を描かれています。まずは1日のスタートでもある朝のシーンから・・。腕に巻いたウェアラブル端末が男の子を起こしてくれて、それに連動してスピーカーから音楽が鳴りはじめ、さらにエアコンが稼働するといった、至れり尽くせりのサイバー空間なのです。キッチンにいるお母さんは、専用のモニターから、家族の誰が起きているのか、どこにいるのかが分かります。このデバイスを通じて、男の子が装着しているウェアラブル端末と通話もできるのです。ダイニングテーブルにはモニターが埋め込まれてして、ここでニュースや予定をチェック。テーブルから通信ができるということで、IoT(モノのインターネット)の未来の姿といえますね。

No responses yet

12月 10 2015

“ドコモ スマホ 『はじめてスマホ』 キャンペーン “

Published by under 未分類

ドコモ スマホもキャリア独自のサービスを展開してくれているようです。2015年11月30日、60歳以上のお客様を対象とした『はじめてスマホ』キャンペーンがご好評だと言うことで再実施されると発表されました。
高齢者は、スマートフォンと縁遠いと考え人もいるかもしれませんが、意外と現在、高齢者のスマートフォンユーザーは急激に増えているのです。もちろんそのような人たちにもスマートフォンは優しいスマホである必要があります。
この『はじめてスマホ』キャンペーンでは、Xiのカケホーダイプラン(スマホ/タブ)毎月の基本料金を最大1,520円割引、カケホーダイライトプランを850円割引など「シニアはじめてスマホ割」などが適用となります。
2015年12月4日(金曜)から2016年1月31日(日曜)までが期間と言うので、注意をしてください。かんたんスマホ講座は自宅などで遠隔で、スマートフォンの使い方をマンツーマンで学べる講座です。無料で受講することが出来ます。
スマートフォン ドコモ

No responses yet

12月 07 2015

” 12Gb LPDDR4 スマホ メモリ “

Published by under 未分類

あのサムスンという企業が、12Gb LPDDR4メモリを世に誕生させたとのことです。現代社会では高性能のスマートフォンの登場において、スマホ メモリも進化していかなければなりません。
8Gb LPDDR4メモリがメインとなりつつある中、それはLPDDR3メモリと比較すれば、端末に搭載されるRAMの最大容量は4GBという問題点を残してはいました。しかし、ここでサムスンの12Gb LPDDR4メモリに注目しましょう。
12Gb LPDDR4メモリは、1チップの中で1.5GB=12Gbの容量を実現するために、4枚を1組としメモリパッケージを構成します。そして、6GBのRAMをスマートフォンに搭載することが可能になります。
8Gb LPDDR4メモリと比較すれば、30%以上も動作がアップし、20%も省電力することが可能と言われています。兎に角12Gb LPDDR4メモリは、今まであったスマホ メモリよりも遙かに進化したことは間違いないようです。実際には12Gb LPDDR4メモリを搭載したスマホを見てみたいものですが。

No responses yet

12月 03 2015

” 小さいドコモ スマホ”

Published by under 未分類

ドコモ スマホの中でより小型なスマートフォンと言えば、ソニーのXperia程度でしょうか。スマートフォンはやはり小型化というよりは、大型化へという流れを踏んで進んでしまっているようです。
スマートフォンはデータを見るためのものなので理解出来ないではありません。携帯は電話するものであり、小ささを求めているものの、スマートフォンはそうではなく、ここには実際に大きな距離があり、それをうまく一つに収めようとしているのが、現在のスマートフォンです。
Xperiaもただ小型に徹していると言うことではなく、大画面のフルスペック機能を搭載したXperia Z4やZ3も存在しています。
docomoには、小さいXperiaがあり、それは、「Xperia A4 SO-04G」「Xperia Z3 compact SO-02G」の二つです。今、スマートフォンを購入しようと思っている人たちは、月々サポートの2年間適用が切れて、丁度新しい機種に変更しようかなと思っている頃かもしれないですよね。
docomo スマホ

No responses yet

12月 02 2015

スマートフォン Galaxy 、Xperiaの戦い

Published by under 未分類

スマートフォンは決してiPhoneだけではありません。ソニーXperia Z4とサムスンGalaxy S6ここにも熾烈な戦いが展開しています。
ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia Z4」。ここには、日本人好みの欲しい機能が備わっています。
Xperia Z4のスペックは、146×71.9×6.9mm、5.2型、 1920×1080ドット、2.0/1.5GHz Octa Core (Snapdragon 810)、カメラ背面:2070万画素
前面:510万画素、そしてハイレゾ対応です。
Galaxy S6の方は、
143×71×6.8mm、 5.1型、2560×1440ドット、 2.1/1.5GHz Octa Core(Exynos 7420)、背面:1600万画素
前面:500万画素です。
こちらもハイレゾ対応です。
二つのスマートフォンを並べて判ることですが、Galaxy S6には厚さに対してカメラ部分の出っ張りが考慮されていないということが判ります。その部分でマイナスかもしれませんが。
Xperia Z4の方がよりフラットが実現出来ています。しかし、解像度という面では、Galaxy S6の方が上をいきます。

No responses yet

12月 01 2015

ソフトバンク、LINEもできるカラフルガラケー「AQUOS ケータイ」4日発売

Published by under 未分類

ソフトバンク、ウィルコム沖縄はOSにAndroidを搭載したフィーチャーフォン「AQUOS ケータイ」(シャープ製)を12月4日に発売します。端末価格は新規契約/MNPの場合が税込み(以下同)23,760円、機種変更の場合が31,680円。月月割適用時の実質負担額は、新規契約/MNPが0円、機種変更が11,760円となっているのです。「AQUOS ケータイ」は3.4インチのメインディスプレイを搭載する折りたたみ式のフィーチャーフォンです。OSにはAndroidを搭載しており、メッセージアプリ「LINE」を利用することも可能となっているのが特徴です。また、キーボードをタッチパッドのように使える「タッチクルーザーEX」にも対応しているのもポイントでこれは人気が出そうですよ。通話機能では、「HD Voice(3G)」に対応し高音質な通話ができます。そのほか、800万画素のカメラ、IPX5/7、IP5Xに準拠した防水・防塵性能、ワンセグ、赤外線通信などの機能を備えているのも心強い部分でしょう。主な仕様は次の通り。CPUはMSM8909(クアッドコア、1.1GHz)。内蔵メモリは1GB。ストレージは8GB。外部ストレージはmicroSDHC(最大32GB)。サイズ/重量は、幅約51m×高さ約113mm×厚さ約17.6mm(折りたたみ時、突起部を除く)/約124g。メインディスプレイの解像度は960×540ピクセル、サブディスプレイは21×96ピクセル。背面には800万画素のカメラを内蔵しています。

No responses yet

タグ

検索