Himachal View theme

「5G」で日常生活はどう変わるのか?

NTTドコモは、2020年の商用サービス開始を目標に、次世代通信規格「5G」の技術開発を世界の主要インフラベンダーと進めています。5Gの特徴として、LTEの100倍を超える「高速通信」、LTEの1000倍ものユーザーを収容できる「大容量化」、無線区間の「低遅延化」、多数の端末との「同時接続」、そして「低コスト」「低消費電力」などが挙げられるといったまさに夢の通信サービスといってもいいでしょう。それでは、5Gで私たちの生活はどう変わるのでしょうか? またどんな技術で高速化を図ろうとしているのでしょうか?同社が11月26日~27日に「NTTドコモ R&Dセンター」で開催した「DOCOMO R&D Open House 2015」にて、その一端を見ることができました。ドコモがYouTubeで公開している「Sharing our Future」では、「ちょっとだけ未来の世界」を舞台にして、5Gが普及した世界を描かれています。まずは1日のスタートでもある朝のシーンから・・。腕に巻いたウェアラブル端末が男の子を起こしてくれて、それに連動してスピーカーから音楽が鳴りはじめ、さらにエアコンが稼働するといった、至れり尽くせりのサイバー空間なのです。キッチンにいるお母さんは、専用のモニターから、家族の誰が起きているのか、どこにいるのかが分かります。このデバイスを通じて、男の子が装着しているウェアラブル端末と通話もできるのです。ダイニングテーブルにはモニターが埋め込まれてして、ここでニュースや予定をチェック。テーブルから通信ができるということで、IoT(モノのインターネット)の未来の姿といえますね。

12月122015

Published by at 12:00 AM under 未分類

タグ

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

検索