Himachal View theme

iPhoneとAndroidの違いとして最も大きな点

“iPhoneとAndroidの違いとして最も大きな点は、スマホを動かすためのシステム「OS(オペレーティング・システム)」の違いが挙げられると思います。iPhoneはiOSで、AndroidはそのままAndroid OSというプログラムを使って動いています。iPhone(iOS)はAppleという会社だけのものですが、AndroidはソニーやSHARP、サムスンといった様々なメーカーが作っているのです。詳しく説明するとやや長くなりますが、iPhoneは一社だけで、Androidは様々な会社が作っていると考えてください。OSの違いがどういう事に影響するかというと、使えるアプリに違いがあったり、操作の仕組み上の違いが出てくることです。最近では殆どのアプリが両者で共通化していて、ID引き継ぎなどで移動することができるようになっていますが、「iPhoneでしかないアプリ」あるいは「Androidでしかないアプリ」がそれぞれに存在しているのです。これによって使い勝手が若干変わってきます。できることの差というのは、現在ではなくなってきているので、どっちを選んでも大丈夫ですが、データの引き継ぎ方法に違いもあるのでここも注意が必要です。また、Androidは種類も多いのですが、国産の多くは防水加工が施されていたり、フルセグ・ワンセグといったTV放送、さらにおサイフケータイが使える機種がありますので、ガラケーから移る時はこちらのほうが便利でしょう。このような細かな機能面での違いもあるので、どういったことを重視しているのかというを把握していけばいいでしょう。日本国内ではiPhoneユーザーがスマホユーザーの過半数を占めているのですが、世界的に見るとAndroidユーザーが全体の8割となっているのです。。
 ”

12月282015

Published by at 12:00 AM under 未分類

タグ

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

検索