Himachal View theme

スマホ充電中のヤケド被害 5年で268件 発熱状態を調査

スマートフォンの充電中の発熱状態を、サーモグラフィーを使って調べたところ、接続部分が100℃を超えてショートに近い高温状態であることが判明しました(提供:国民生活センター)スマートフォンの普及が進むにつれて、充電中に部品が焦げたり、本体が発熱してヤケドするなどの被害が急増しているのです。これをうけて、国民生活センターは昨年の8月11日に注意を呼びかけています。国民生活センターによると、スマートフォンの充電中の燃焼や発熱に関する相談は年々多くなり、2009年度には2件だったものが、2013年度までの5年間で1032件にも増えているのです。相談内容の内訳をみてみると、「スマホ本体の過熱」に関する相談が全体の6割をしめて、「ヤケドした」「ヤケドしそうになった」などの危険情報は268件におよんでいるのです。国民生活センターは、「購入から1カ月後のスマホを就寝中に充電したところ、翌朝、本体と充電器の接続部分が焼け焦げていた」という報告を受けて、商品テストを行いました。サーモグラフィーを使った調査の結果、充電器との接続部分の温度が100℃を超えて、ショートに近い状態で発熱していることが判明したのです。

1月152016

Published by at 12:00 AM under 未分類

タグ

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

検索